top of page
山岳

BLOG/NEWS

矛盾と包含-スピリチュアルな視点から


スピリチュアルな視点から見ると

その矛盾は解決しようとしないほうがよいよ

というタイプの矛盾があります


こんにちは。


ヒーリングルーム中今の秋野真理子です。


四国・徳島を拠点に

オンラインで全国にもつながり、

魂に目覚めて自分自身を自由に生きるための変容をスピリチュアルサポートしています。


今回は、わりとマニアな視点からスピリチュアルなものの見方やとらえ方について、語ってみます。

ぜひ読んでみてください^^



「悲しみの星」とも呼ばれる地球が内包する矛盾


物事って、視点や見方によって、いろんなふうに見ることができます。


一人ひとりにそれぞれの解釈やフィルターがあるので、同じ出来事も人の数だけいろんな意味や風景を持った出来事になる、ということがよく言われますが。


今回はそれとはまた別の話です。


どんなふうに別の話かといいますと…


解釈やフィルターがかかる以前の話として、


そもそも世界にはすでに矛盾があるので

どの視点から世界を見るかによって

世界の見え方が変わる


という話です。



例えば。



宇宙生まれで永遠不滅の魂の視点から見ると、


時間空間は無くて

過去も未来も自在に行き来できるし

そもそもすべてが一瞬ともいえる。


すべてがただあるだけで

良いも悪いもない。


これは宇宙の分霊(わけみたま)である魂の

非常に大きな視点=マクロな視点から見えるものです。



が、その魂が、人間の肉体に宿ると、見えるものが違ってきます。

(私たち人間には、もれなくw、宇宙からやってきた魂が宿っています)


肉体を持つ人間にとっては、

時間も空間も存在しています。


時間は直線的に流れていて

空間を移動するには時間がかかり

赤ちゃんは少しずつしか大人にならないし

若返ることもできません。


死がある世界で生き残っていくために

自分にとって良いもの悪いものをジャッジしたり

何かにかけがけのない意味を見出したり

する。


肉体を持つ人間の視点、つまり、

小さな視点=ミクロな視点からは世界はそのように見えます。



なので、実は。


肉体を持つ人間であり、

魂を宿してもいる私たちは、

自分の内側に矛盾を内包しています。


肉体を持つ人間としてミクロな視点で一生懸命に生きている。


いろんなことに一喜一憂したり。

勉強とか仕事とかお金とかを気にかけたり。

家族や友人知人との絆を気にかけたり。

自分が好かれるか居場所があるかを気にかけたり。


同時に、そうしようと思えば、魂のマクロな視点に至ることもできる。


(魂のマクロな視点に至りたいとなぜか惹かれるようになり探究をする人もいますし、また、顕在意識ではマクロな視点をとらえることがない人も潜在的にはすでに持っていて知らず知らずのうちに影響を受けています。)



私たちの存在自体がそんな仕組みだからなのか、それは関係ないのか、どうでしょう、わかりませんが(笑)


私たちって、矛盾がいっぱいです。


自然に癒される~、森が素敵、花が素敵、とウキウキ歩いているその足で草を踏みまくっている。


じゃあ人がいなければ植物界は安泰なのかというと、人の社会活動がないと数が激減するだろう

種もあったりします。


愛が大切だと語っている人の体の中では、ウィルスや細菌との戦いが常に繰り広げられています。


この手の矛盾、他にもいろいろありますよね。


あなたはどんな矛盾を思い浮かべるでしょうか。



こうした矛盾って、

解決しようとしないほうがよいタイプのものです。

(そもそも解決できないし、解決しようとすると沼る)


矛盾をそのまま包含していくしかない。


マクロの視点とミクロの視点と、どちらが良いとか悪いとかではなくて、ただ両方があるだけ。



ある日の気づきリーディングのセッションがキッカケで、そんなことをあらためて思いました^^


数日前に見かけた「黄金の魚」という谷川俊太郎さんの詩がこのあたりのことに少し触っていることも思い出して、あー、今日のこの思いにつながったな、なんてシミジミしたりも。



黄金の魚


おおきなさかなはおおきなくちで

ちゅうくらいのさかなをたべ

ちゅうくらいのさかなは

ちいさなさかなをたべ

ちいさなさかなは

もっとちいさな

さかなをたべ

いのちはいのちをいけにえとして

ひかりかがやく

しあわせはふしあわせをやしないとして

はなひらく

どんなよろこびのふかいうみにも

ひとつぶのなみだが

とけていないということはない



地球のような、手で触れる固い体を持って死もあってというシステムの星は、宇宙では珍しいのだそうです。


宇宙では地球は「悲しみの星」「愛と悲しみの星」と呼ばれているそうです。


悲しみを体験できる星は貴重なのですって。


人気があるそうですよ^m^


あなたの魂はその人気をかいくぐって地球にやってきて地球体験をしています。



こういうことを知ったからといって、ミクロな視点でのあれこれが解決するわけではありませんが笑、どなたか必要な方もいらしたり、今はピンとこない人にとっても心のどこかにあればいつかお役に立ったり、するかなと書いてみました。


必要な方に届いて受け取ってもらえたらとてもうれしいです^^



▼面白かった方や役に立った方は記事右下の♡マークをタップしてもらえると励みになりうれしいです、よろしくお願いします♡^^


★LINEお友だち募集中★

LINEお友だちへ毎月お届け

 「月イチ☆スピリチュアルメッセージ」

HP更新やイベント情報のお知らせも♪


最新記事

すべて表示
bottom of page